メニュー

TOPICS

トピックス

9月5日レポート

【本日のメニュー】
着地時の足首固定ドリル
50m×2フォーム確認
50m×5タイムトライアル
25秒間走
リレー

個別アドバイス


【りゅういち】
ゆうきと良いライバル関係になっており、仲良く話している場面も見られた。フォームに関して、今回伝えた着地時の”足首の固定”に大きな伸び代を残しているので、次回以降も意識を継続してもらえると◎。また腕振りが疾走により違っているので安定させたいが、本人が試行錯誤を繰り返しているかもしれないので、様子を見つつ助言していく。

【ななこ】
今回もフォーム確認の疾走とタイムを狙う疾走を明確に使い分けて走れていた。タイムを狙った際には7秒台に突入。やや向かい風で濡れた路面で7秒台は男子含めトップレベルにまで上がってきている。本日伝えた”足首の固定”が高いレベルで出来ているのが、ななこの大きな強みとなっている。

【かずま】
50m走では速やかに進行させようと声を出して仕切ってくれていた。フォームに関して、今回伝えた足首の固定を早速取り入れて行えていた。それに伴い、腿の高さも上がり、空中での足の入れ替えも素早く行えるようになっている。ただ力が上に抜けているので、意識的にもう少しだけ歩幅を広げられるようになると◎。

【ひろ】
踵接地が本人も自覚があるもののなかなか改善できずにいる。また、”足の畳み”が甘く足の回転位置が上がっていないのも伸び代。踵をお尻にくっつける腿上げから走りに繋げるドリルで上記二点を同時に改善させていきたい。筋力、瞬発力など高いポテンシャルを持っているので早期にフォームを安定させて、今後の伸びに期待したい。

【さき】
50mが9秒前半〜中盤でタイムが安定してきている。今回伝えた着地時の”足首の固定”に伸び代を残しているので、次回以降も継続して意識してほしい。また腕が横振りになってきているので、このタイミングで今一度、動画確認を積極的に行うようにしてフォームを安定させていきたい。

【せいごう】
前回伝えた反発をもらう走り方がさらにハマってきており、1組目のトップレベルで横一線でゴールするなど順調に走力を伸ばしてきている。今回伝えた着地時の”足首の固定”に正剛は伸び代を残している。全力で走った際は着地時に足首が曲がって衝撃を吸収してしまっているので、今回伝えた足首固定のトレーニングを自主練習でも継続してほしい。

【なな】
今回の目標は50m8秒台と自身で公言しており、回を重ねるごとに目標が高くなってきている。疾走後、タイムを聞く前に「今のダメだったかもしれない」と自分自身の感覚で気付けることが多くなってきており、順調に感覚が研ぎ澄まされてきている。人と競る場面では踵からの接地になってしまうなど基礎フォームの乱れがあるので、今一度注意してほしい。

【ゆうご】
50mのタイムが伸び悩み、「速い人のフォーム見てみよ」と他の人の走りを観察し学びを得ようとしていた。タイムが上がった時も落ちた時も「なんでだろう」と常に理由を探ろうとする姿勢は素晴らしく、長期的に成長しやすいアスリートのメンタルとなる。今は主に腕振りや前傾の角度が主な伸び代となっているが、疾走後の自身の感覚とタイムを照らし合わせて徐々にフォームを磨いていってほしい。

【しょうた】
前傾を作ろうと顔が下を向いてしまっている。スタートから加速時は下を向いて走るのは有効だが、スピードが乗ってからの中間疾走では顔を上げるようにする。前傾姿勢は全身で倒れ込むように作るイメージだが、前傾すると足が後方に流れやすくなるので、より腿を高く上げるイメージを強くしてほしい。

【ちさき】
加速が一段とうまくなり、スタートでは抜け出す場面が多くみられた。後半力んで、足が後方に流れてしまう場面がみられた。腕振りを前に大きく振る意識付けをすると改善。本人も腕振りのうまい子を観察して、自身のフォームに取り入れるなど工夫して見事フォームを改善していた。引き続き腕振りのフォーム作りを行っていきたい。

【ゆうま】
フィジカルトレーニングでは、大人レベルの能力を発揮した。特にジャンプ種目ではコーチ陣と同レベルでももを高く挙げれており、腸腰筋の高い発達を見せた。今後さらに筋力が発達していくことが期待できるため、だからこそ筋肉系のトラブルは多くなる。セルフケアの徹底をしていきたい。
走りに関しては以前はあった足の後方への流れが改善傾向のため、引き続きシザース動作を意識した走りを行っていきたい。

【てつし】
加速後の腕振りや頭の位置を意識して修正に取り組んでいる。後半の伸びが徐々に出てきており、50m7秒台を連発。自身のフォーム作りがきちんと結果に表れている。今後の伸びしろとしては、他の子のフォームを観察して自身に取り入れるなどが行えるとさらなるレベルアップにつながる。

【ゆうき】
スタートでのスピードが向上し、前半は周りの子に置いて行かれない走りができている。腕振りを左右均等に行うことを意識しているようで、フォームにも正確に表れている。トレーニング中にフライイングを繰り返してしまうことや、スタートを妨害してしまうことがあったが、これらは“周りの子に負けたくない”というアクションに感じられる。良い要素もあるため、この勝負にこだわれる感情を自身の成長により向けてトレーニングを積めると◎。

【すみれ】
力むと腕振りが横方向に振られるフォームになってしまう点が伸びしろ。7割程度のスピードでは正確に縦に大きく振れているため、全力ではない橋例も大事に取り入れてほしい。後半の走りに関しては、腕振りが高く前に触れるとストライドが伸び、大きくスピードが向上できる。

【はるま】
スタートでのフォーム作りに依然として高い意識をもって取り組んでいる。前傾姿勢や腕振りなど再現性が高く走ることができている。今後の課題としては後半の走り。長所であるスタートでない部分に取り組むことは非常に難しいが、後半の体幹のブレや腕振りが低くなるくせに取り組むことで次のレベルを目指せる。

【たける】
スタートでの前傾姿勢が改善して起きており、加速がスムーズになっている。腕振りも伸びなく、コンパクトに触れている。少し後半の場面で足が流れるため、足の入れ替え尾を意識したい。特に人と並走する際はこれらを意識して走りたい。

【とうわ】
トレーニングに対して誰よりも集中して取り組んでいた。グループワークでも周りに声をかけてまとめる姿がみられた。自身の成長だけでなく、今日のようにより周りの子に影響を与えらる存在になっていってほしい。
アキレス腱付着部の痛みがあったようだが、これらは成長痛として良くみられるものであるため、トレーニング後に指導したセルフケアを徹底してほしい。