メニュー

TOPICS

トピックス

持久系のトレーニングはダレないように設定を工夫

本日の瞑想はつま先の中腰です!
大腿四頭筋の筋力がないとバランスを取りづらい姿勢です。



フィジカル勝負は腿上げ最速選手権。
腿上げを素早く行うためには上半身が仰け反らないよう、腹筋を意識してやや前傾を維持します。



【本日のメニュー】
50m×4(フォーム意識)
50m×4(タイムトライアル)
150m×3
25秒間走
20秒間走
15秒間走
リレー



150mは50m毎にペースを上げるビルドアップで行います。
持久系のトレーニングはダレにくいよう設定を工夫するのが大切ですね!



個別アドバイス

【こうた】
怪我明けのトレーニング一日目であった為、走力が一時的に落ちていた。フィジカル面からでは、着地時の足の引き付け動作、キック時の力強さが衰えているので、スクワット等でハムストリングやお尻に刺激を与えていくと早期の復活が期待できる。スピードは落ちるものではなく隠れるもの。頭を使ってスポーツに取り組めるコウタであるからこそ早々に感覚を取り戻してもらい、この時期にネガティブなイメージが残らないようフォローを行う。

【ゆうま】
今回も空中での足の入れ替えが素早く行えており、無意識レベルで身に付いてきている。50mのタイムも7.3〜7.4秒と好タイムで安定していた。着地足を重心に引きつける動きに若干の伸び代を残しているが、手足の動きはほぼ完璧に行えている。次なるステップは胴体部の動きになってくるので、まずはお尻歩き等で骨盤を動かす感覚を養っていく。

【すみれ】
足の動きは基礎的フォームを抑えられているが、上半身が腕に振り回されておりロスが大きい。て腕を前で回すような動きをしていることが原因の一つ。まずは体の近くで腕を振れるよう、動きを確認し、段々と走りへと落とし込んでいく。25秒間走では持ち味の持久力で同世代の差をつけていた。距離感等の強度が事前に把握できていれば最初から飛ばせる強さを持っている。

【りょうすけ】
50mでは9秒中盤を安定して出せていたが、本人の目標とするタイムは出せず、浮かない様子であった。最初のフォーム意識での疾走時に踵接地になっている等、基礎的フォームが崩れていたため、各種ドリルで改善。走りの感覚の違いを一本一本で認識していくことで成長につながり、さらに動画確認やタイムなどの客観的要素を感覚に加味していくことも重要ということを声掛けで伝えていく。

【さくと】
前回の課題で合った腕振りを意識できており、しっかりと高く、顔の近くで振れていた。毎回目標を持って練習に取り組めているのはさくとの大きな強み。
25秒間走では後半バテてしまい落ち込んでいたが、疲弊してしまう距離を走るときは腕振りの高さを調整すると良いとアドバイスしたところ、以降の20秒間走、15秒間走では高いパフォーマンスを発揮できていた。

【ななこ】
50mで初の7秒台を記録。自身も「やったー」と喜びを表現していた。以降はハイレベルの一組目で疾走。フォーム改善の最中に速い人と走ることで自身のスピードが相対的にわかる。
安定した体幹とダイナミックで再現性の高い腕振りがナナコの持ち味となっている。体全体を前傾させるフォームも定着してきたが、それに伴い腿の高さが落ちてきているので、今一度腿上げを意識した動きを行うことでさらなるスピードアップが見込める。

【だん】
150m走や25秒間走では持ち味の持久力でメンバーを圧倒。ハイペースを維持する筋持久力の成長も順調。脊柱を回旋させて腕を振る推進力にしており、体力効率が良いフォームとなっている。あとは着地時に足が進行方向への角度がついた状態で着地しているので、重心側に引きつける動きが入るとさらにスピードも上げり、体力効率も向上する。今後はマーカーを使った練習なども取り入れ、引き付けの動きを覚えさせていく。

【りんたろう】
フィジカル中級を新たに1種目クリアした!毎週できないことを少しずつクリアしており、努力を積み重ねられるようになってきている。
走りに関しては基礎フォームが安定して行えている。そのため、今後大会などを目標に取り組むためにも足の入れ替えなどの応用的なフォームにチャレンジしていきたい。

【ゆう】
背骨が他の子と比べて非常に大きく動かせており、体の中心を使った走りが行えている。まだフォームが粗削りで踵から接地してしまうことや、足がたためていないなどの伸びしろが多く確認できる。フィジカル的な能力は高いため、基礎的な技術を習得して更なるスピードアップを図っていきたい。


【まさ】
下肢の筋力が強く、また足のたたみや接地などの基礎フォームもバランスよく行えている。下半身の動きが素晴らしい反面で、上半身に多くの伸び反りを有している。方が上がってしまっており、腕振りが小さくなってしまっている。肩を耳から遠く下げる意識を持つと改善が期待できる。

【しゅんき】
前に大きく腕振りが行えており、ダイナミックな走りができている。しかし、つま先での接地や足のたたみなど基本的なフォームが未習得のたまだまだ伸びしろが多い。まずは基礎的なフォームを固めていくことがスピードアップの近道!