メニュー

TOPICS

トピックス

子供達自身が気付いたノウハウは全体でシェア!



本日も瞑想から始まり、外遊びのテンションを一旦クールダウンします。


本日のフィジカルトレーニングは二人一組で手を繋ぎ足を跨がせるチームワーク戦です。
股関節の柔軟性が求められる種目です。



【本日のメニュー】
50m×6
200m×1
100m×2(タイムトライアル)
100mコーナー走
20秒間走
リレー



気温は低かったですが、50mでは自己ベストを出す子が連発。
筋トレの成果か、もしくは疲労が抜けていたのか 笑



ヒロのスタート姿勢がとても良かったので、みんなでシェアしました!
一歩目の腕振りを大きく振れるよう、ヨーイの姿勢の時から手を引いておきます。

ナイスプレゼンです!





個別アドバイス

【ゆうま】
課題であった足が後方に流れる動きが改善されていた。それに伴い50m7.33秒を記録。リレーのミーティング時もリーダーシップを発揮し、メンバーを牽引する存在となっている。
フィジカル面について、練習後半になると疲弊してタイムが落ちてしまう傾向が顕著にある。ピッチの速い選手であるので疲弊しやすく、特にスタートではもう少しストライド優位にすることで100m後半の伸びにも繋がってくる。

【ななこ】
50mで8秒前半を安定して出せている。上半身を前傾させる角度が定まってきたこともこの安定の要因の一つ。
空中での足の入れ替え速度も上がってきているがまだ伸び代があるので引き続き、素早く腿を上げる意識を持たせていく。
また誰かと競るとタイムが上がる傾向になるので、一組目で走るなど、ななこがタイムを出しやすい環境を提供していく。

【さくと】
50mではなかなか9秒台が出ず悔しいリアクションをしていたが、一本9秒台を出すことが出来た。「タイムを出す」という目標を強く持って練習に取り組めているのはとても良いこと。
次なるステップとして、「今の走りでタイムが出ないなら走り方を変えてみる」と一本一本で実験を繰り返すような姿勢を持てるとさらなる成長が見込めるのでこちらからも促していく。

【りょうすけ】
50mで9秒台中盤を安定して出せてきている。競う場面だと動きが硬くなり、踵接地など普段できている基礎的フォームが崩れてしまう傾向にある。まだまだ速くなるフォームの伸び代を残しているので、これをプラスに捉えてモチベーション高くフォーム改善に取り組んでもられると◎。ストレッチ指導では動きが出来ていない子に対し「僕が教えるよ」と名乗りでてくれ、人間性の成長も感じられる。

【はるま】
当初は踵からの着地でブレーキが多かったが、指導後はつま先からの着地を行えていた。体幹バランスが強く、丁度良い前傾角度を保ったままブレを抑え気味で走れている。次の伸び代としては、足の回転位置がまだ低いので、特に太腿前側の柔軟性を上げて力みを取ってあげると改善していく。本人の走りに対するモチベーションと向上心が高いので、テンポ良く課題を提供していきたい。

【ちゅうま】
つま先からの着地、足を後方から前方に移動させる際に踵をお尻いくっつける”足の畳み”の動きは天然で出来ている。次の伸び代として、腕振りが低いので、顔の高さまで振れるようになると腿も上がってきてよりダイナミックな走りになる。また練習中に度々集中力を切らしてしまうことがあるので、タイムやライバルを意識させる声掛けを行い、より競技に集中してもらう。

【はる】
非常に安定した体幹で腕も身体の近くで振れており、非常に綺麗な上半身の動きをしている。ただし下半身には伸び代があり、踵接地になっていることと、足の回転位置(足の畳み)が低いことが挙げられる。まずは腿上げを意識した走りに寄せていくことで、つま先からの接地を促していく。まだまだ走りをダイナミックにする伸び代を持っているので今後の飛躍に期待したい。

【すみれ】
50mでは2組目で常にトップ争いをしていた。タイムに対する関心が強く、走っている最中の集中力も高く一緒に走っている者にもプラスの影響を与えている。次の伸び代として腕を前方に振ってしまう傾向にあるので、顔の近くで振る(前ではなく上に振る)意識を持って、さらにダイナミックに振れると腿も上がってきてさらなるスピードアップが見込める。

【さき】
前に人がいると力んでしまう傾向にあり、踵からの接地となり、顎も上がり気味になってしまう。これらは本人の意識で改善できていたポイントなので、良いフォームで走る機会を増やし無意識レベルに習得させていく。「今の走りは本気じゃなかった」と走りがハマっていないというような発言をすることがあるので、その際は動画で確認し、イメージと実際の動きの差をなくていく。

【まさき】
集中してトレーニングに取り組むことができていた。集中力を切らしてしまう場面もなく、コーチ陣にも活発に質問をして目的意識をもってトレーニングしている姿が印象的であった。
また走りに関しても早いこのフォームを観察して自身にとり入れるなどの行動も見られた。考える力もあり、意欲もあるためこちらも具体的な課題を提示し続け、まさきのモチベーションを向上させていきたい。

【ひろ】
速い子と走るたびに少し落ち込んだような言葉が聞かれていたものの、果敢に上級生にも挑んでトレーニングに取り組めていた。
体幹の能力が高いことが持ち味。股関節には大きな伸び代があり、特にももを上げる筋肉はまだ弱く、これの強化することでストライドが大きく改善できる。
また今回は自身でスタートのフォームを修正してきており、スピードが大きく向上していた。考えてトレーニングする姿勢も身についてきているため、さらにここを向上させていきたい。

【とうわ】
肩甲骨のフィジカルトレーニングを練習してきており、先週出来なかった種目を見事クリア!肩甲骨の柔軟性が改善したことで走りにおいても、腕振りが大きく変化している。
また全身の柔軟性が改善してきていることから走りや筋トレの際に、正しい真っすぐな姿勢をとることができている。

【りゅういち】
つま先接地や足のたたみなど基本的なフォームが少しずつ身についている。以前はトレーニング中に集中を切らしてしまうことが多かったが、最近は集中して黙々と走りこんでいる。
このトレーニングに取り組む姿勢を成功体験に替えるためにも、少しずつ応用的なフームにチャレンジさせてスピードの改善つなげていきたい。

【てつし】
トレーニング前に”おれは何を意識すればいい?”と聞いてくるなど高い意欲が見られた。
課題となっている顎が上がってしまう癖を指摘すると、走っている最中に視点を定めるという方法を自ら発案して改善!少しずつ自分で考えてトレーニングする姿勢も身についているため、ここを育てていきたい。

【ゆうき】
りゅういちが泣いている際にいち早く駆け付け、声をかけてくれていた。友達を気遣う行動が見られた。この思いやる姿勢はチームメイトとの信頼関係を構築させていくうえでも非常に重要!
今後スポーツをする上でも大事な要素のため、ゆうきのこの良さを生かせるようなチームメイトとともに何かに取り組むようなトレーニングを提示していきたい。

【りんたろう】
以前は興味がなかったフィジカルトレーニングに関して、最近は高い意欲を見せている。練習終わりにいち早くコーチに声をかけて居残り練習を毎週のように行っている。その成果はトレーニングだけでなく走りにもしっかりと表れている。
走りでは課題であったももを高く上げることに関して大きく改善している。今伸び盛りのため、常に次の段階を提示し続けて成長を加速させていきたい。

【たける】
右腕が伸びてしまう癖があるため、これによりストライドに左右差が生まれてしまっている。つま先接地や足のたたみなど下肢の使い方はうまいため、上半身中心に改善図っていきたい。
背骨や肩甲骨を使いトレーニングを今後指導していきたい。
またトレーニング中にチームメイトに質問する場面が見られた。スポーツを行っていくうえで重要なコミュニケーション能力のため、この要素は大きく育てていきたい。

【かずま】
トレーニング中にコーチ陣に対して活発に質問を行っている。またチームメイトにも同様に意見を求めることができている。ひろに対してスタートのフォームを聞き、低い姿勢で走る方法を自身にも取り入れることができていた。
自身の成長のために周りを巻き込める力はかずま特有のものであるため、さらに強みとできるように彼が考えるきっかけを常に与え続けていきたい。