メニュー

TOPICS

トピックス

フォームが定着し、走力がアップしてきました!

【本日のアルファプラスメニュー】
・フィジカル勝負
ブリッジ対決
四つん這いリレー
・50m×5(うち2本はドリル)
・100m×3
・リレー



ブリッジ対決は全員のレベルが思った以上に高く、ハイレベルな設定に。

なんと片足上げ持久戦!


↑みっきーフォーム綺麗すぎです!


そしてフィジカル第二戦は四つん這い競争です!
腹筋、腸腰筋など上半身と下半身の連動に関わる筋肉をメインに鍛えます。

リレー形式なので、みんな本気!初参加のリツがリーダー役として上手くみんなをまとめていました!


50mでは前半2本はドリルで走りを意識、3本〜5本目はライバルと競って走ります!



全体的に走力のレベルが上がってきているのを実感…!
改善したフォームが段々と定着してきていることもありますが、みんな自主練習を頑張ってるんですよね!

アルファプラスで、自主練習の成果を発表し、新たな走りの学びを得る場所として機能すると良いですね!


最後のリレーは大接戦!観戦していた親御さんが思わず立ち上がるほど、漏れなく全員が最高の走りをしていました!

個別アドバイス

【とうわ】
走力は順調に成長しており、クラブ内でもエースの存在として皆に認められている。
尊敬されているポジションにあるからこそ、集中力を欠いてしまった時は周りに与える影響が大きい。
トレーナーと1対1で落ち着いて話す時は真剣に聞くことができ、以降はまとめ役として声を上げてくれている。今後はトウワを大人として接する機会を増やしていく。

【こうた】
競争の状況下でも母指球接地が出来ている。左足は着地位置が重心に近いが、右足は重心から離れ気味。まずは意識をしやすい腕振りから左右差をなくしていく。
リーダーとして立候補し、皆をまとめるために声を上げてくれている。
今後は集中力を欠いている子に対し、個別で注意が出来るようさらにリーダーとしてのスキルを磨いていく。また時折、自身の集中力を欠いてしまうこともあるので、コウタが集中力を欠くことによる周りへの影響を本人にも伝えていく。

【みっきー】
腕振り、足の畳み、母指球接地が無意識レベルに習得されており、実際の走力アップに繋がってきている。スプリントノートのコンプリートは近い。
ルールを遵守し、一本一本を全力で取り組む姿勢は素晴らしく、今後はこの姿勢を周りにも影響を与えてほしい。
リョウスケと良いライバル関係を築けているので、互いに高め合い、自主練習のモチベーションも上げてさらなる走力アップを期待したい。

【なお】
正しいフォームを頭で理解しているため、簡単な声掛けでフォームが改善する。しかし競争時は踵接地になってしまうなど基礎的フォームが完全に習得されていない。
他の子の走りを観察させるなどで、フォームの意識をさらに高めていく。
勝負に負けることに強い抵抗があり、全力を出し切れていない場面が見られる。今後は自身の成長にもっとモチベーションを感じてもらえるようタイム測定や動画確認を積極的に行っていく。

【りつ】
初参加にも関わらず、フィジカル勝負ではリーダーとしてまとめ役の力を発揮。高学年の落ち着きと実力で、チームメイトの信頼も得ていた。
踵からの接地になってしまうことがあり、着地位置が重心から大きく前方に外れてしまっている。腿を素早く高く上げる意識を持たせ、上半身を起こし、着地位置を重心側に引き寄せ、母指球接地への同時改善を狙う。
自分より走力の高い相手に対し、「絶対に勝つ。勝つ為に練習をしたい」と前向きな発言があった。このモチベーションを維持させ、今後は宿題等も出し、短期間で実力をトップレベルまで上げていきたい。

【みこと】
基礎筋力や柔軟性に向上みられ、走力はついてきている。しかし、その反面で踵接地などの一度獲得した基礎フォームが行えていない。継続した意識づけを行なっていく。

【りょうすけ】
基礎フォームへの意識やストレッチ種目への取り組みなど自主的に行えている。リレーの場面では前走者を追い上げるなど、自身でもスピードが出たことを実感できていた。良い走りができる頻度が多くなってきているため、良い動きは何を意識出来た結果なのかを整理する声掛けを行っていきたい。

【しょうた】
トレーニングの最中にほかの子をからかってしまうなど、走りに集中できていない場面がみられる。本人が興味を持つトレーニングを探り、他者ではなく自身に集中してもらうためにも、目的意識を植え付けていきたい。教えられた動きをすぐに体現できる能力はあるため、本人のモチベーションを高めてさらなるフォーム取得を促していきたい。

【そら】
走りへの意欲が高くトレーニングに対して積極的な行動がみられる。
体力もあり、トレーニング終盤でも疲労を感じさせず質のいい走りができている。しかし、トレーニング内容とは違った距離を走りたがってしまう、他の競技者が走っているコース上で横になってしまうなど自身のしたい行動を抑えられない場面がみられることがある。今後スポーツを仲間と楽しんで、自身を成長させるためにも少しずつ協調性をもってトレーニングを行えるよう促していきたい。

【ろい】
基礎フォームの定着を目標にあまり多くの内容を伝えずに一つの要素に集中させることで、しっかりとした走りが行うことができる。その場で言われた指導内容を体現する能力はあるため、あとはその要素を定着できるよう継続した内容の声掛けを行っていく。

【かいる】
はじめてタイムトライアルで1位を取るなど成果がみられた。本人の中でつま先接地と腕振りをしっかり行おうとテーマを持って臨んでいた様子。今回の成功体験を元にして、毎回同様のモチベーションや目的意識を持って取り組めるよう促していく。


<検索タグ>
済美山競技場、和田堀公園、東京都杉並区、東京都世田谷区、小学生陸上競技クラブ、陸上クラブ、50m、100m、かけっこ教室、パーソナル、αランナーズ、大貫健太、シダパン