メニュー

TOPICS

トピックス

冬季練習開始!走り込みの量を増やし、フィジカル強化を図る!



本日のフィジカル勝負は言語化能力を鍛える、ジェスチャーゲームです!
トレーナーが取ったポーズを、言葉だけでチームメイトに伝える勝負です。




外旋、内旋、外転、内転など専門用語で指示ができるようになると、さらにスムーズになりますね!
レベルアップは急かさず、ゲームを楽しみつつ段々と身に付かせていきたいと思います!







【本日のメニュー】
坂ダッシュ50m×5
坂ダッシュ100m×3
100mタイムトライアル
50mタイムトライアル
リレー



すっかり寒さの厳しい季節になりましたが、子供達はまだまだ半袖で走れる様子…!

冬季練習らしく、走り込みの量を増やしてみました!
どれも勝負形式ですので、後半のタイムトライアルではヘトヘトでしたね💦



しかし最後のリレーは別腹!
全員最高の走りで締めくくりました!



個別アドバイス

【みこと】
フィジカル勝負では一際わかりやすいアドバイスを行えており、言語化能力の高さはトップレベル。
坂道ダッシュでは「さっきはつま先接地が出来なかったから、次は意識する」と自身でフォームの改善点に気付いていた。これは常に考えながら走れている証拠であり、アスリートとしての一面を覗かせた。
フォームは妥協せず、完璧を求める次のステップに進んでほしいため、こちらも妥協をしないアドバイスを行っていく。

【りょうすけ】
坂道ダッシュでは母指球接地、腕振りの基礎的フォームは完璧に行えており、常にライバルとの戦いを意識して順位に拘って行えていた。
しかし、上位の組に入れようとした際に消極的な姿勢を取ってしまったのが残念。組での勝ちにこだわる余り、自身の成長へのモチベーションが薄れている可能性がある。速い人と走ることでフォームの観察や自身のスピード感を理解できるメリットがあるので、それらを説明してさらにアスリートとして上を目指していけるメンタリティを養っていく。

【まさ】
二回目の参加ではあるが多くのメンバーと打ち解けて練習を行えていた。中でもコウタと良いライバルになっており、疾走後もお互いを称え合うような発言が見られ、終始良い走りができていた。
坂道では母指球接地、腕振りなど意識して行えていたが、後半の疲弊時では踵から着地をしてしまう等、乱れてしまう場面が見られた。
まだ無意識レベルでは身に付いてないので、今はフォームを意識する反復練習でも実力は伸びていくフェーズ。
速く走りたいという想いが強いので、本人に自身の伸び代を伝え続けていく。

【ゆうのすけ】
坂道ダッシュでは集中力を切らしてしまう場面が見られた。しかし上の空になってしまうようなことはなく、自分なりの目的を持って行動をしているのでモチベーションを競技に向けられれば、努力を継続出来る選手になれる。
今後は同じ走力のメンバーを意識させる声掛けを行い、勝利したときは一緒に喜ぶ等して、まずは競争心を芽生えさせていきたい。
フォームに関して、現状踵接地であるのでドリル等を行い、早々に母指球からの接地に切り替えいく。

【けいた】
年長さんでありながら、低学年組と同等の勝負をする走力の高さを持っている。2時間もの間、集中力を切らさず常に勝負に徹した走りを行えていたのは素晴らしい。
フォームの伸び代として、踵から接地をしてしまっているため、母指球からの接地に切り替えていく。母指球設置にすることで地面との摩擦が減るとともに着地位置が重心側に寄り、ブレーキの少ない着地が可能となる。
腕振りは真っ直ぐ振れているため、今後足を高く上げる走りに切り替えていくのに合わせ、さらにダイナミックに改善していく。

【かいる】
フィジカル勝負では進んでチームの代表を志願し、チームを勝利に導こうと真剣に取り組んでいた。
しかし坂道ダッシュでは勝負への意識が薄れてしまい、力を抜いてしまう場面が見られた。もっと自分に注目してほしいという表れの行動を取っており、そこでカイルに目的を聞き出す声掛け等を行えなかったのがトレーナー陣の反省点。
タイムが上り調子になってきているので、この勢いでアスリートとしての勝負心も身に付かせていきたい。

【ゆうま】
前傾姿勢が出来ており綺麗腕振りも大きく目線まで上げられている。
足の回転が膝下での運びになっており、もう少し円運動になるよう腿を高い位置から降ろすと良い。
ミニハードルなど高い位置から降ろす練習や足の切り返しを取り入れ走りに繋げるドリルなどが良い。
坂道走りでは3秒後スタートでも他の子達を抜き上位に食い込む闘争心と意欲が凄い。
タイムへのこだわりやそれを共有する部分、大人とも競い臆する事なく前向きに臨む姿勢と走りへの熱意が伝わる。

【ろい】
脇が開いており腕振りが横に流れてしまっている。
上半身の力を下半身にも伝えるために腕振り動作を矯正していく。動作の一つ一つが大きくその力の方向性を持っていく為に腕を真っ直ぐ後ろに引く意識を強め、上半身と下半身の連動も取れた走りに切り替えていく。
スタート時の集中力とテンションの切り替えがうまく、全力で取りくめている。
ジェスチャゲームでも相手に伝える為にしっかりと意見し協調性を持ちながら行っていた。
人数も増えたことで歳の近い子など競い合えるようにお互いに刺激しあったり積極的に声掛けや走りの事などを話し合えるようになれると尚よい。

【まさき】
積極的でしっかりと自分の意見を伝えられる。女子が少ない中でも控えめにならず
走りも妥協せずできていた。下半身のパワーがあるので一歩目からもっと大きく出ても良い。
中間疾走では全体的に見て下で行っている動作が多い。腕振りは浅く足の運びが膝下で行っているので腕振りは目線の高さまだ振り、足は膝よりも後ろ寄りなのでもう少しだけ前でさばくように腿上げを意識した走りに切り替えていく。
フィジカルノートをよく見返し確認・ビデオ撮影等でも気づきや改善があれば積極的にコーチ陣や仲間に共有、意見を求める積極的な姿勢があると◎


【りゅういち】
一生懸命に走る・チームメイトと積極的に交流するなど、かけっこを楽しむことは人一倍行えている。今後の伸びしろとしては“○〇君に勝ちたい”、“50mを○○秒で走りたい”など明確な目標を持ってトレーニングがつんでいくこと!勝負にこだわることでさらにスポーツを楽しむことにもつながるため、リュウイチのモチベーションを向上させるようそっを模索していきたい。宿題として出させていただいた、“お母さんと目標をきめてシダパンに報告!”の内容を次回楽しみにしております!
フォームに関しては踵接地や腕振り、顎が上がらないなど基礎を固めてきたい。

【こうた】
グループワークだけでなく、練習全体の中で下級生に声掛けを積極的に行うなど、アルファプラスの練習の質を上げてくれる行動が多くみられる。また初参加の子に関しても簡単に指導をするなどして馴染めるように働きかけてくれる。
基礎フォームは崩れることなく、スピードを上げても安定している。課題である足の入れ替えをも少しずつ改善している。フィジカルに関しても中級の内容をハイペースでクリアしており今後タイムの向上が期待できる。

【りんたろう】
練習に黙々と取り組んでおり、走りに関するモチベーションは人一倍高い。その反面走りに関して他の子と意見交換するなどの場面は少なく、プレゼン系のワークでも発言が少ない印象。自分の動きや人の走りにおいて気づいたことを言葉にできると学びが深まるなどスポーツをやっていく上で必要な能力のため今後少しずつ促していきたい。
つま先接地や足のたたみは安定して行えている。足の入れ替えや腕振りをコンパクトにするなどすこし応用的な内容を引き続き伝えてさらなる飛躍を図りたい。

【そら】
練習に集中して取り組めている。また昌太といいライバル関係になれており、お互いの走りをたたえあう姿がみられるなどチームメイトと刺激しあいながらレベルアップすることができている。
走りに関しても顎が上がる癖がなくなり、フォームが安定している。今後の伸びしろとしては足が後ろに流れてピッチが上がらない状態がみられるため、足の入れ替えドリルなどを徹底して行わせていきたい。また習慣になっているもも上げの筋トレも継続して取り組むことが大事!今後もご両親のサポートよろしくお願いいたします!

【しょうた】
今回の練習において最も集中して練習に取り組めていた一人!少しずつ走る楽しさを感じれてきているのか黙々とフォーム修正や、タイム測定に黙々と取り組んでいた。翔太は周りへの影響力が高く、翔太が集中することでそらをはじめほかの子もつられて高い集中力を保つことができていた!
スタートがダイナミックになってきており、はじめの20mでは上級生とも並んで走れていた。後半の伸びを作るためにも接地位置を重心下にする・足の入れ替えをスムーズに行うなど応用的なドリルに今後取り組ませていきたい。