メニュー

TOPICS

トピックス

7月16日レポート

400m×1
50m基本ドリル3種
スタートフォーム講習
50m×1(フォーム確認)
50m×4(タイム計測)
100m×2(タイム計測)
テンポ走80m×3
リレー

個別アドバイス


【ここね】
集中してフォーム修正に取り組んでいた。特に以前教わった腕振りの仕方や、胸を張る姿勢の作り方など目的意識をしながら練習することができていた。今回は新たに腕振り時に肩が上がってしまうことが見受けられたため、肩を落として肩甲骨周りをリラックスして走るフォームに修正をしてもらった。指導された点をきちんと理解して実践できている。ポテンシャルは高いため、この姿勢で地道にトレーニングを継続していってほしい!

【りひと】
トレーニングに対してモチベーションを下げてしまっていた様子。トレーニングの内容をうまく理解できず、自身がうまくこなせなかったことに落ち込んでしまってたことが原因のよう。自分を成長させたいと言う意欲はあるため、失敗に対しての耐性も徐々につけていけると◎。勝負の勝ち負けだけでなく、自身の成長に対してフォーカスが行くように声かけを徹底した上で、トレーニングに臨ませていきたい。

【とらのすけ】
8秒台を達成したいと言う思いはあるものの、地味な練習やフォーム練習を繰り返すなどの基礎トレーニングに対しては、モチベーションが出せずにいる様子。自身がある程度努力をできた事を理解できてはいるが、それに見合った成果が得られてないことで気持ちが下がってしまっている。特にスポーツにおいては細かな動作においても繰り返し努力を積み重ねる中で、目に見えない小さな成功体験を積み重ねていくことが重要となる。タイムと言う解りやすい変化が得られなくても、自身の中で成長を感じられるような気づきをこちらも与えていきたい。

【るお】
精神的に非常に大きな成長が見られている。以前は思ったようにタイムが出せないとふてくされてしまう場面が見られていた。本日も自分が思ったようなタイムを出すことができなかったが、めげることなく何が悪かったのかを分析し、次回のトレーニングでベストタイムを出すために何をしたら良いか常に考えて練習することができていた。また自身で努力するだけでなく、友達やコーチに対してコミニケーションをとり、自分が今すべき事を整理しようと言う姿勢も見られていた。

【かい】
情熱を表に大きく出す事はしないが、黙々と自身に必要なフォーム修正を繰り返していた。フォームを修正する内容に関してもコーチに質問をし、内容を確認するなど第三者の意見も積極的に取り入れようとする姿勢も少しずつ見られてきている。50mの7秒台を達成することができなかったが、そのレベルに該当するような高い質の練習はできているため、引き続き努力を継続していって欲しい。スタートからピッチを徐々に変化させる走りができているため継続してトレーニングしていきたい。

【たいせい】
練習には全力で取り組めているが50mで11秒から抜け出せず、いまいちモチベーションを上げられていない様子。不貞腐れてしまう一面もあるが、「家で出来る筋トレを教えて欲しい」とアドバイスを求めてくるなど、目先の結果に一喜一憂しつつも、長期的な視点も持てている。過去に何度か10秒前半〜中盤も出せており、今はフォーム改善で十分に記録を伸ばせる。足が後方に流れがちなので、腿上げからの走り等で足を前で回す感覚を覚えさせていきたい。

【せいごう】
今回も6秒8台、13秒7台と好調では合ったが、前回ほどのスピードは出せていなかった。前回、呼吸で腹圧高める感覚を掴んだとのことだったがまだ再現するには難しい様子。一度良いと感じた感覚を追い求めるために、スタート前のイメージトレーニングや集中を高める行為が重要となったり、体をその状態にしておくことも重要。例えば、腹圧を意識したいのであれば、走る直前に体幹トレーニングをして張り感を感じながら走るのも一つの手段。

【しゅん】
今回も向かい風の中、8秒7と自己ベスト更新。意識的に作っていた腕振りやつま先着地などが無意識下に習得出来つつあり、ギコちなさが抜けタイム更新に繋がってきている。動画でのフォーム確認でも、確認すべきポイントを理解してきているので、自分でその日のテーマを設定することが出来ている。まだ足を前方で回転させる動作に伸び代が残っているので、引き続き腿上げからの走りで感覚を学んでいってほしい。

【せいじ】
いつもよりも前傾が強く、足が流れて上体のバランスも崩れ気味であった。腿を上げたり、腕を前では上方向に振るなど垂直方向への成分を動きで作り出せればバランスが取れてくる。タイムが出ない時こそフォームを試行錯誤するチャンスもあるので、「跳ねる意識」「体を起こす」「腕振りを大きくする」などザックリとしたテーマで良いので、フォームを変化させてタイムとの照らし合わせをする実験を繰り返していってほしい。

【けいた】
今回も7秒台を目標に積極的な姿勢でトレーニングに取り組めていた。記録は8秒1台とあと一歩のところであったが、フォームの安定性は増してきている。加速してトップスピードになったら一定のリズムを刻むというのが走りにおいて重要で特に100mには大きくタイムに影響する部分。今回行ったテンポ走がそのトレーニングになり、特にケイタはこのリズム感に伸び代があるので今後も取り組んでいってほしい。