メニュー

TOPICS

トピックス

12月30日レポート

25秒間走
50m×1(フォーム確認)
50m×5(タイム計測)
フォーム講習(着地動作、骨盤上下動作)
100m×2(タイム計測)
リレー

個別アドバイス


【ゆう】
無意識下でも踵から着くことはなくなり、腰の位置も高くなってきている。ただまだ着地足を重心側に寄せて腰の位置を高くする伸び代は残しているので、今後も着地の意識は磨いていってほしい。リーダー役として動いてくれているからこそメンバーの課題はより発見してくれるようになったので、今後はメンバーの良いところも見つけ、自分の成長へと繋げてほしい。

【はるま】
タイムが落ちても、落ちた原因を探り次に活かすという建設的な考え方が出来るようになってきている。100mでも自ら速い一組目で走ることを志願。メンバーと接戦をしながら好タイムを出せていた。他人の成長も受け入れ、自分の学びに繋げていくことはアスリートとして重要な考え方となるので、来年からも今のスタンスを崩さずに取り組んでいってほしい。

【さき】
胸が前に出る形で上半身が反り返り、なかなか前に勧めていない印象であった。調子が良い時は上体を真っ直ぐのまま前に倒す前傾姿勢を保てている。腹筋の強化が根本の改善となるが、練習前に腿上げや体感トレーニング等で腹筋に刺激を入れてあげるだけでも変化があるかもしれない。本人の中でも調子の良い時、悪い時の感覚の差を理解していって欲しい。

【ちさき】
まだ完全ではないが、足が後方に流れる動きが改善傾向にある。今回行った、着地の反発を感じる腿上げドリルに伸び代を秘めているので、自主練でも取り入れて欲しい。50m7秒台のメンバーと走った際に7秒6と好タイムを記録。男子のトップ集団に迫る勢いを見せているので、互いに刺激しあってより高めていってほしい。

【はなり】
現状、踵から着地をしており着地時のブレーキが大きい状態なので、腿上げ等で自然につま先から着く着地を習得するだけでタイムに大きく影響してくる。メンバーが風紀の乱れた行動した際には優しく注意をする等の正義感がある。優しい雰囲気を持っているからか女子メンバーとすぐに打ち解けられていた。まずは限られたメンバー内だけでも互いにアドバイスし合える環境を構築していってほしい。

【すみれ】
初参加のはなりに対し、ルール説明やアドバイスなどを面倒見良く行えていた。勢いで行動しているように見えて、相手目線で考えた声かけが出来ており、人間的にも成長を感じた一面でもあった。走りについては8秒中盤で停滞。やはり足が後方に流れる動きが気になるところではある。この走りで8秒前半にまで上げられてはいるが、タイムに安定感がないので、このタイミングで真剣に改善を図っていくの良いと思われる。

【はる】
久々の参加ということで、踵着地に戻っていたが、声かけ後は修正。腿上げドリルの練習の甲斐もあり、100mではつま先接地で実際にスピードを上げられていた。今回のこの感覚を忘れず、別の運動時でも再現して走って欲しい。足を引き上げる筋力はあるので、技術練習で大きくタイムを伸ばす伸び代が感じられた。

【もりかい】
いろいろと本人の中でフォームの課題を考えながら取り組めている。ただ今回は腿の高さや腕振りなど全体的に動きが小さかったので、意識でよりダイナミックにするか、冬季は特に念入りにウォーミングアップして体を温めた状態で走るかでその場のパフォーマンスに大きく影響してくる。どのようなストレッチ、トレーニングをした後は調子良く走れるか等も考えて取り組めるようになると◎

【けいた】  
基礎フォームを忠実に行っており、つま先接地や足の入れ替えは正確に行えている。今後は後半の走りに伸びを作るために、スピードが上がった後に姿勢を安定させること反発をもらえるように接地の位置をこだわることなどが挙げられる。よく考えて練習しているため、次の次元にレベルアップできるよう取り組んでいきたい

【ゆうご】
苦手な長い距離の走りも意欲的に取り組めている。走っている際の姿勢は非常に綺麗で状態のブレが少ない。伸びしろとしてはより深く考えて練習するために自身の走っている映像を注意深く観察し、問題点を意識してトレーニングに臨んでいきたい

【せいごう】
50mだけでなく、100mのタイムに関してもタイムを向上し続けている。14秒台前半を安定して記録し、自己ベスト更新も達成。100mでは後半の走りに関して何パターンも走りを試し、自分に合ったフォームを探求している。非常に質の高い練習が行えているため今後もこの意識で練習を行っていきたい。

【かい】
後半の走りに関しては相変わらずきれいな姿勢でのフォームで走ることができている。100mでのタイムは安定しているが前半の加速がよりスムーズに行えると次のレベルに向上することが期待できる。ポテンシャルは高いため自分の中での走りを数パターン試すようにしてトレーニングに臨めると◎。

【るお】
なかなか7秒台の壁を越えることができず苦労しているものの1本1本の走りに置いてきちんと未来を持って走ることができている。そのため、意識を継続すれば必ず成果がついてくる事が期待できる。得意なスタートに関して少し前傾が浅くなるなどフォームが崩れていることがあるため、今一度ストロングポイントであるスタートのフォームを映像から確認して修正していきたい。

【りょうすけ】
基本に忠実につま先接地や、足の入れ替え・腕振りに気をつけて走りを行っている。競争の中でもフォームが崩れる事は少なくなってきているため、現状の意識は継続して行っていきたい。次へのレベルアップを期待するためにも本日行った骨盤の動作など応用的な練習にも取り組んでいきたい。

【そら】
足が後方に流れる癖が徐々に改善されてきている。競争の中でもフォームが崩れる事は少ない。加速後の走りはストライドが大きく強みであるため、スタート直後の加速に関して前傾角度や腕振りなど自分にあったフォームを探していきたい。

【りんたろう】
つま先接地、足の入れ替えなどの基礎ドリルが安定して行えてきている。特に腕振りの再現性が高くなり、肘が伸び切ることや上体がぶれてしまう事が少なくなった。筋力も向上し、ストライドが拡大した高いスピードで走りが行えているため姿勢が安定させれるようにフォームを探していきたい。